ダイヤモンドの4Cとは?

ダイヤモンドの4Cというのをご存知でしょうか?婚約指輪の下見などに行ったことのある方は聞いたことがあるかもしれないですね。
この4Cとは、カラット(carat)、カラー(color)、カット(cut)、クラリティ(clarity)という、ダイヤモンドの価値を決める4つの基準を意味しています。一つずつ説明していきましょう。
まず、カラットは良く耳にする言葉だと思います。これはダイヤモンドの重量を表し、1カラットは0.2gになります。もちろん、カラットが大きいほどダイヤモンドの価値は高まります。
次のカラーは、文字通り色を意味します。無色透明に近いほどダイヤモンドの価値は高まります。無色透明のダイヤモンドを最高ランクのDとして、黄色味が増すごとにランクが下がり、最も下はZランクとなります。
カットはダイヤモンドの研磨の状態を意味しています。研磨の状態が良くなければ、ダイヤモンドは本来の輝きを発揮することができないため、プロの職人が微細なズレもなくカットしたダイヤモンドだけが最高ランクexcellentの称号を得るのです。
最後のクラリティは聞きなれない言葉かもしれません。これは、透明度を表します。ダイヤモンドは自然の中で時間をかけて生まれる天然石なので、微細なゴミがどうしても含まれてしまうのです。そのゴミが少ないほど輝きが増すため、ダイヤモンドの価値も高くなります。全くゴミがないものを最高ランクFLとして、ゴミの多さに応じて11ランクに分けられます。